いくつかのポイントがありますが、お住まいはお客様の大切な財産ということを考えると、まずは価格だけで会社選びをするのは避けた方が良いでしょう。
特に塗り替えリフォームの場合は、費用の大部分が職人さんの「手間賃」です。ですから極端に安ければ、それは重ね塗りの回数を減らしたり、一部の工程を省いたり、あるいは塗料を薄めるなどして、コストを落としている可能性もあるのです。
見積の合計金額の高い・安いだけで判断するのではなく、確実な外壁・屋根診断をしてくれるか、分かりやすいプラン提案をしてくれるか、気になるカラーやデザインの打ち合わせに充分時間を割いてくれるかなど、サービス面も良く見た上で選びましょう。

まず、アドバイザーに何を相談したいのか、予め整理してメモ書きしておくことをお勧めします。
とういねも、相談しているうちに、要望や不安が次々にわいてきて、結局何を相談しているのかが分からなくなることが、往々にしてあるからです。
次に、ご自宅の図面があると良いでしょう。
より具体的なアドバイスをもらうことが出来ます。
また、ご自宅の外観の写真があれば、カラーシュミレーションをしてくれる会社もあります。

もちろん、お取り頂いても構いません。
ただ、相見積を取る目的を、はっきりされることをお勧めします。
というのも、お客様が相見積を取られる目的は、とにかく「安い会社」を探すためではなく、お客様にとって最も「良い会社」を探すためだと思います。
金額の比較だけでなく、外壁・屋根診断やご提案プランの充実度合い、会社の姿勢やサービス等を総合的に比較したうえで、お客様にとって最も信頼のおける会社を選択されると良いでしょう。

トップホームでは、塗り替えリフォームの見積は、基本的に外壁・屋根診断を経て、「診断書」と一緒にご提出します。
正確な診断をして初めて、適切なプランと正確な見積が出せると考えるからです。
外壁・屋根診断の実施から、「診断書」「ご提案書」「お見積書」のご提出までは、数日を頂いております。
お役に立つ資料を作成してお待ちしますので、しばらくお待ちください。

契約後にお客様の都合でキャンセルされる場合には、材料の仕入れ等にかかった実費等を請求されるこどかあります。
ただし、訪問販売など「特定商取引」に該当する契約の場合には、クーリングオフ制度が適用されることがあります。
これは、契約した日から8日以内であれば無条件で解約出来るというもので、書面で申し入れる必要があります。
ただ、いずれにせよ、面倒なことやトラブルに巻き込まれないよう、契約は慎重に行うようにしましょう。

外壁のカラーは、その家の第一印象を決めると言っても過言ではありません。
建物で一番広い面積を占める部分ですから、景色や近隣に配慮しながら慎重に選びましょう。
基本的にベージュ系やグレー系、ブラウン系といった強調しやすい色目を選び、色褪せが比較的早い鮮やかなカラーや濃いカラーは部分的なアクセントとして併用することをお勧めします。
カラーシュミレーションなどを行い、お客様のお家が景色や近隣な方と合った色が何色なのかを一度シミュレーションすることをオススメいたします。

外壁との調和が重要です。
外壁面にベージュ系やブラウン系、グレー系といった、どんな色とも強調しやすいカラーを使用している場合が多いため、外壁とのコントラストを考えて、屋根には濃いカラー(黒・茶・紺・緑・赤など)の塗料を用いるケースが一般的です。